料金案内
施工の流れ
施工事例
会社概要

◆対応エリア◆
高槻市
北摂地域
大阪府
京都府
奈良県
兵庫県
滋賀県

2017年6月 足場半額キャンペーン実施中
2017年5月 社名変更 翔建装は株式会社ディライトに社名変更しました。

▼ 外壁塗り替え時期について
外壁の塗り替え時期は、立地条件に左右される場合が多いのですが、フッ素等の耐久性がある塗装を除いては、約10年前後が目安になります。
その理由の1つに、塗装(塗膜)の役割を維持できる年数が10年前後という塗料が多く流通していることが挙げられます。
もちろん、これは一般論なので一概には言えません。

では、自分の家はどうなのか?
不安に思われる方も多いと思いますが、塗膜の劣化状況は簡単に診断できるので心配はいりません。

▼ 劣化状況の簡単な診断方法
まずは見た目ですぐに判断できるものがあります。
色あせ、クラック(ひび割れ)、藻・苔・錆びの発生等があります。次に、塗装面を手で触ってみてください。同じ色の粉が手につく場合は、チョーキングという現象が起きています。この現象は、塗膜間の結合が破れたことで起こる現象で、劣化の進行を表しています。
これらの症状が現れたからといって、すぐに家が傾くということはありませんが、塗り替えを検討しなければいけない時期にきているという事がわかります。

▼ 早期発見・早期塗り替え
ひび割れやチョーキング等をほっておくと外壁の塗料が劣化し雨漏りの原因にもなり、塗り替える時には下地調整費用がかかってしまう事があります。

症状に気付いたら、お早めにご相談されることをお勧めします。







Copyright (C) 2017 delight co. ltd.. All Rights Reserved.